国際協会 ライオンズクラブは世界をまたいで活動する社会奉仕団体です

沿革

ライオンズクラブ国際協会は1917年アメリカ合衆国シカゴ市で誕生した。創立者メルビン・ジョーンズは当時 シカゴ市において保険代理業を経営し、ある実業団体の会員として市の有力者達と交際しているうちに、こうし た集まりが単なる商売上または社交上の集いにとどまらず、社会の為に有益な団体となり得ないだろうか という夢をいだきはじめた。そこでメルビンジョーンズは合衆国の各立場種団体に呼び掛けて、各地の指導的な 人々による社会奉仕団体の結成をもくろんだのである。かくして1917年6月7日シカゴ市のホテル・ラサールの イースト・ルームで、合衆国の各地から集まった約20名の代表者が最初の会合を行い、そしてその年の10月8日 から10日までの3日間22クラブの代表者36名がダラス市のアドルファス・ホテルに集まって第一回の大会を開催 し、ここに正式に「ライオンズクラブ協会」の名称を採用したのである。(初代会長W、P、ウッズ)

1920年3月12日、カナダ・オンタリオのウインザー市にアメリカ合衆国外の第一番目のクラブが結成され 協会の名称も「国際協会」となった。以来メルビンジョーンズが協会とともに歩んだ半世紀の間に、協会の目的と綱領に 対する共鳴者は全世界に広がり、現在では、世界189カ国に137万を超える会員を擁する世界最大の国際的社会奉仕 団体となった。

日本のライオンズクラブ

我が国のライオンズクラブは1952年3月に初めて東京に誕生した。当時なお険悪な対日感情をいだいていたフィリピンの マニラ・ライオンズクラブによってスポンサーされたのである。 この恩讐を越えて人類の進歩と平和を願うライオンズ精神は、日本の指導者たちをいたく感激させ、以来わずかの年月に 多数の会員を獲得し、今まで世界第2位のライオンズ国となっていた。(ただし2003年3月現在第3位) これは、日本ライオンズ草創時代の会員の使命感と、熱心な新クラブ結成、会員増強によるものであるが、もともと日本人 の中につちかわれていた社会福祉にたいする理解と、戦後日本の改正憲法に現れた民主性、国際性に沿って、国勢伸展 の時流に乗ったものであることも見逃すことはできない。

ライオンズクラブ国際協会の目的

  • ★世界の人々の間に相互理解の精神をつちかい発展させる。
  • ★よい施政とよい公民の原則を高揚する。
  • ★地域社会の生活,文化,福祉および公徳心の向上に積極的関心を示す。
  • ★友情、親善、相互理解のきずなによってクラブ間の融和をはかる。
  • ★一般に関心のある全ての問題を自由に討論できる場を設ける。ただし、政党,宗派の問題をクラブ員は討論してはならない。
  • ★奉仕の心を持つ人びとが個人の経済的報酬なしに社会に奉仕するようはげまし、  また、商業、工業、専門職業、公共事業および個人事業の能率化をはかり、道徳的水準をさらに高める。

スローガン

Liberty,Intelligence,Our Nation's Safety
(自由を守り、知性を重んじ、われわれの国の安全をはかる

モットー

We Serve
(われわれは奉仕する)

ライオンズの誓い

われわれは知性を高め、友愛と相互理解の精神を養い、平和と自由を守り、社会奉仕に精進する

ライオンズ道徳綱領

  • ★職業に対する不断の努力が正しく賞賛されるように心がけ、自己の職業の尊さを確信すること。
  • ★事業を成功させて、適正な報酬や利益を受けるべきであるが、自己の立場を不当に利用したり、  人に疑われる行いをして自尊心を傷つけてまでも利益や成功を求めないこと。
  • ★事業を遂行するに当たっては、他人の事業を妨害しないように心がけ、顧客や取引先に誠実であり、  自己にも忠実であること。
  • ★世人に対する自己の立場や行いに疑いが生じたときは、世人の立場に立って解決に当たること。
  • ★真の友情は損得の上に築かれるものではなく、心と心のふれあいによるものであることを自覚し、  手段としてではなく目的として友情をもつこと。
  • ★国家および地域社会に対する公民の義務を忘れず、かわらぬ忠誠を言動にあらわし、すすんで時間と  労力と資力をささげること。
  • ★不幸な人には同情を、弱い人には助力を、貧しい人には私財を惜しまないこと。
  • ★批評は謙虚に、賞賛は惜しみなく、建設を旨として破壊をさけること。

2003-2004 ライオンズ必携(第43版)より

コンテンツ

  • 国際協会
  • 会長挨拶
  • 役 員

事務局

〒486-0844
愛知県春日井市鳥居松町5-45
春日井商工会館5F

TEL:0568-81-8455
FAX:0568-82-1136
MAIL:info@kasugai-lions.com